イケマンの「社名の由来」 

イケマンは、初代池田萬兵衛が大阪 船場
堂島新地3丁目に米方両替商を創業したのは
江戸時代の中期 元文元年(1736年)まで遡ります。
大阪は「天下の台所」と呼ばれ全国諸藩の年貢米を
集積する中央市場の機能を有していました。
米市場では実際の正米の売買のほか、
投機目的の帳合米の取引も盛んに行われていましたが、
萬兵衛は正米取引のみを行いました。
1.浮利、浮論を追わず大道の中を歩め
2.雑穀、請判すべからず
3.己の性格にあわせて隣りあわせの仕事より道を開け

という、3つの家訓が創業以来代々受け継がれています。
転業を嫌い多角化を拒否する固定的な観念に拘ることなく、
その時代に応じた経営展開を行うのが弊社の伝統であります。
代々継承者は「萬助」を襲名、経営の第一線から退いて
隠居名「萬兵衛」を襲名します。現社長は10代目にあたり、
「全従業員の物心両面の幸福の追求とともに、世の中の
生活文化を向上させることにより幸福な社会の実現を目指す。」
と、事業の目的・意義を制定し、日々専門店としての品質の
向上を努めております。

イケマンの名前は「池田屋萬兵衛」の屋号
である「池萬」に由来しています。
池田の性は全国に沢山ありますが、
どれも物流業に縁の深い名前なのです。
阿波池田は土佐、讃岐、阿波の交通の要衛に
地名が残っています。摂津池田は丹波と摂津です。
物流のあるところに池田屋が出てきます。